作成書類1 離婚の公正証書

行政書士が作成する書類は数限りなくあると言われていますが、
それを少しずつご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、離婚の公正証書
実際に作成されるのは公証人ですが、その文案作成するのが行政書士の役目です。

先日、相談から最短で2日というか1.5日で作成となりました。
(これは、養育費のみの記載であった例です)

養育費の支払は、以前は2割と言われていました。

口約束はやめましょう。

別れた後にはそれぞれの生活があります。
別れたご主人にも新しい出会いがあることもあります。

新しい家族の為に、お金が渡せなくなる等、いろいろな事情で
貰えなかったのが実情でした。

あとの8割の方は受けれなかったわけです。

そのために公正証書があるわけです。

公正証書は公証人が作成されますが、
難しい法律用語もあり、ただ作ってくれといっても
作成してはくれません。

そのため、お二人の合意内容をまとめ、
公証人にお渡しするのが、行政書士の役目です。

当然、難しい言葉も説明させていただきます。

記載内容は
・親権
・養育費
・慰謝料
・財産分与
・年金分割
などそのご夫婦によって必要なモノがことなります。

それを、丁寧にお聞きしながら文案を作成させていただきます。

そして、ご夫婦そろって公証役場へ行っていただき、作成となります。

公正証書にすることで、養育費や慰謝料の支払いが止ったときに
給与や貯金の差押えをすることができます。

相手が今月も口座に振り込んでくれるのかどうか
不安に思うよりも、公正証書の作成の方がずっと安心できます。


離婚を選択された方は、ぜひ、一度ご相談ください。

行政書士 飯野 道子

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夫婦専門行政書士 みち先生

Author:みち(飯野 道子)

みちのたまごへようこそ。

あなたの笑顔が見たくて行政書士を志しました。夫婦専門行政書士として身近な存在でありたいです。心がふっと軽くなる、あなたを勇気づける。そんな記事を、載せていきます。

飯野道子 行政書士事務所
行政書士 飯野道子
〒933-0912
富山県高岡市丸の内1-40
高岡商工ビル3階 301号室
TEL:0766-26-2511
FAX:0766-26-2512
e-mail:info●michi-office.jp
(●を@に変換してください。)

NLPとコーチング
みちのたまごはこちら

Follow ME
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

POWERED BY

飯野道子 行政書士事務所