人はどうしたら変わってくれるの?【女性へ】

今日は、ちょっと大切で切実なお話を。

先日、最近アドバイスできない相談が多いと書きました。

はっきり言うと、離婚したいという男性からの相談です。

個人的意見ですが、男性が離婚と言われるとき、多くの場合が、好きな女性がいる場合だと思っています。

だって、離婚すること自体に大変なエネルギーが必要です。

食事も作ってくれない、洗濯もしなくてはならない
(お母さんがいる場合はありますが。)

手続も沢山ある。

そんなこまごまとしたこと全部やっても離婚したいというのは本当になぜなの?

となるわけです。

だから、男性側には、逃げないでくださいとお伝えしました。


今日は反対に、発覚した女性側にお伝えします。
(私と相談が多いパターンを基にしてお届けします。)

女性がご主人の不倫を知った時、怒りに震えます。
「私が家事をして、夕ご飯を作って待っているのに、あんたは!!」

となるわけです。

だから、ものすごい形相で、ご主人にくってかかり、

ご主人は「すみません・・・」となります。

でも、ここからが大切です。


1.しっかりと完膚なきまで終わらせること。
不倫はなかなか終了しません。
恋も不倫も同じ酔っている状態なので、理性がふっとびます。
で、嘘も多くなります。

だから、言葉でなく、行動を見ていること。
邪魔をされた、(恋路ならぬ)不倫はさらに燃えがりますので、
しっかりとした対処が大切です。



2.叩き終わったら、台風一過のように接すること。
いつまでも、毎日のように、「あのとき、あの人と会っていたのね」
「また、逢うんじゃないでしょうね」

毎日毎日、責め立てる人がいます。
責める方の気持ちもすごくわかります。

しかし、責められすぎると、本当に一度は縁を切っていた人が、ぶり返す人が多くいます。
「もう、耐えられないと。」

あれだけひどいことをしたのだから耐えるのがせめてもの償いと
思っている方もいるようですが、それは逆効果です。

そうなると、相手の女性が愛おしく感じられ、ますます切れなくなります。


3.女性として自分を振り返ってみてください。
あなたが女性として自分を振り返り、自分の中で相手を思いやる気持ちをもったり、
10年後のことを考えたりしたことがあるでしょうか。

夫婦は鏡という言葉があります。
まさしく、その通り。

この不幸な出来事から、何かを学び、二人で手を取り合っていくと決めたなら、
その笑顔や、生活習慣や、日常の何気ないことに感謝する心をもう一度見つめなおして下さい。

頑張っていきましょう。
その先に本当のあなたの笑顔・幸せがありますから。

飯野 道子

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夫婦専門行政書士 みち先生

Author:みち(飯野 道子)

みちのたまごへようこそ。

あなたの笑顔が見たくて行政書士を志しました。夫婦専門行政書士として身近な存在でありたいです。心がふっと軽くなる、あなたを勇気づける。そんな記事を、載せていきます。

飯野道子 行政書士事務所
行政書士 飯野道子
〒933-0912
富山県高岡市丸の内1-40
高岡商工ビル3階 301号室
TEL:0766-26-2511
FAX:0766-26-2512
e-mail:info●michi-office.jp
(●を@に変換してください。)

NLPとコーチング
みちのたまごはこちら

Follow ME
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

POWERED BY

飯野道子 行政書士事務所