子どもが何を考えているのか。

こんにちは。

みちです。

最近は、また夫婦関係のご相談が多くなってきています。

やはり、夫婦は他人です。

それぞれ価値観が違います。

それがなかなか理解できない。

同じように、お子さんも他人です。

自分の子供であっても違うことを考えているかもしれません。

子どもは自分の思いと違うことをします。

でも、そこですぐに声を荒げる前にちょっと考えましょうか。

槇原敬之さんの歌詞で『これはただの例え話じゃない』

小さな子供が服を汚してお母さんの前に現れます。

お母さんは言います。

「なんで私を困らせることばかりするの!!」

実は、子供は一生懸命お母さんに喜んで欲しくて似顔を書いていたんですよね。

子どもの気持ちをお母さんがいつも汲んであげることは難しいと思う。

肯定的意図(相手にとっての良い思い)がもし考えらえるようになったら・・・

人はもっと優しくなれると思う。

もっと、生きやすくなると思う。

みち

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夫婦専門行政書士 みち先生

Author:みち(飯野 道子)

みちのたまごへようこそ。

あなたの笑顔が見たくて行政書士を志しました。夫婦専門行政書士として身近な存在でありたいです。心がふっと軽くなる、あなたを勇気づける。そんな記事を、載せていきます。

飯野道子 行政書士事務所
行政書士 飯野道子
〒933-0912
富山県高岡市丸の内1-40
高岡商工ビル3階 301号室
TEL:0766-26-2511
FAX:0766-26-2512
e-mail:info●michi-office.jp
(●を@に変換してください。)

NLPとコーチング
みちのたまごはこちら

Follow ME
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

POWERED BY

飯野道子 行政書士事務所